風呂のフタ返せ~!

記事カテゴリー

風呂のフタ返せ~!

日、八王子市の公団で遺品整理がありました。2DKでマンションみたいな奇麗なお部屋でした。

3名で2時間半程度で無事に終わったのですが、翌日、ご依頼主のお客様から「持って行ったお風呂のフタがあれば、返してください」という電話がありました。

お風呂のフタはもともと備え付けのもので、退去の立ち会いで公団から言われたのでしょう。

普段はお見積もりに「残すか残さないか」をお尋ねするのですが、今回のケースは急ぎだったため、公団に確認する時間かったのです。

万が一捨てることになると困るので、とりあえず「残すか残さないか」がわからない物を数点お預かりして帰りました。

当然、まだ捨ててはいなかったので事無、お返しすることができました。捨ててしまったあとに請求が来ても困りますし、残してあとから「捨ててください」と言われても困りますね。

賃貸住宅で「残すか残さないか」を良く迷う物をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

  • 電気がさ→電気がさは捨てる事が多いが、蛍光灯は残す事が多い
  • エアコン→70%が捨てるが、30%は残す
  • エアコンのリモコン→捨てないように要注意
  • 風呂がま→たまに(5%)外して捨てる事があります。
  • 風呂のフタ→以外と残す場合があるので要注意
  • 物干竿→捨てる場合がほとんどだが、たまに残す
  • 物干竿スタンド→石の台と鉄の棒のものは、捨てる場合が多い
  • 湯沸かし器→捨てる場合がほとんど
  • ガス台→捨てる場合がほとんど
  • 備え付けのキッチン→残す
  • NTTの設置した電話→残す(リースなのでNTTが外す)

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理