失敗しない遺品整理は東京のパワーセラーにお任せください

記事カテゴリー

失敗しない遺品整理は東京のパワーセラーにお任せください

東京を中心とした首都圏では、高齢者の方の孤独死が増加傾向にあります。

高齢化社会が進行しつつあるなか、核家族が多いためアパートやマンションでの一人暮らしの高齢者の方が増えつつあり、そこで急病などで病院ではなく、自宅で誰にも看取られず亡くなってしまうケースが増加しています。

残されたご遺族とすると、悲しみとともに故人の遺品整理と片付けという問題に直面することになります。

遺品整理で失敗しないための方法として、まず自分たちでやるか業者に依頼するかどちらがいいのかというおことがあります。

ご遺族や身内で遺品整理をする場合には、遺言が残されている場合に丁寧な関わりができ、自分たちの手だけで行うとができるという利点がありますが、大型の家具や家電製品の処分に手間がかかることや、賃貸などで退去日が迫っているときに間に合わないというデメリットがあります。

こうしたときには、東京のパワーセラーなどの専門業者に依頼するのが失敗しない方法です。

業者がかかわると短時間で遺品整理を終わらせることができ、家具や家電の処分も一括して依頼できます。

ただし、当然費用もかかってきます。

業者に依頼する際にも注意すべきことがあります。

最近は、需要の増加とともに遺品整理業者も増えており、中には悪質な業者もいるからです。

東京や千葉など関東圏には数多くいるため、注意しましょう。

遺品整理を依頼して、電話1本だけで請け合うような業者は疑ってかかった方がいいでしょう。

現地を見ることなく見積もり額を提示するような業者は、後から手数料や処分費用など、高額な料金を請求することがあります。

東京を中心に埼玉や神奈川などの事情を良く知っている当社では、こういったことはいたしません。

必ず現地へうかがって、現状を見て見積もりを提示いたします。

国民生活センターには、見積もりを依頼して前払いの着手料を支払ったところ、それっきり業者との連絡が取れなくなったという相談が寄せられています。

業者がどういった資格を持っているかということを気を付けるのも、遺品整理で失敗しないコツです。

遺品整理では、たとえば産業廃棄物収集運搬諸許認可や、古物商許認可の資格保有業者であるかどうかを見てみることが大切です。

当社はこういった許認可業者です。

廃棄証明書を発行できますし、故人のパソコンは専門機器でデータを完全に削除して処理します。

機密情報や個人情報にかかわる書類はすべてシュレッダーで処理して廃棄しています。

当社は年中無休で遺品整理・生前整理を行っています。

ぜひご連絡ください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理