ゴミ屋敷の遺品整理は東京のパワーセラーに任せてください

記事カテゴリー

ゴミ屋敷の遺品整理は東京のパワーセラーに任せてください

亡くなられた方の遺品整理で困るのは、部屋がゴミ屋敷と化している場合です。

ご遺族とすれば、大切な品物や形見になる品物、貴重品などをより分けながら遺品整理したいと思っても、ゴミ屋敷状態では困難ですし、素人の方にゴミ屋敷の片付けはほぼ不可能です。

ゴミ屋敷は、一人暮らしの高齢者の方が、軽い認知症になられた場合には高い確率で発生します。

ゴミをどうやっていつ捨てたらいいのか分からなくなってしまうことは珍しくありません。

家族の方が早期に発見して、介護施設などに入っていただいても、ゴミが部屋中に積もっている場合には片付けるのは非常に困難です。

東京でもゴミ屋敷は問題となっており、しばしば住民問題として取り上げられています。

パワーセラーは、東京などの首都圏を中心に、このような状態の部屋の片づけを行っています。

お住まいの方がすでに亡くなられている場合も、病院への入院や、介護施設や老人ホームへの入居などの場合でもお引き受けします。

ゴミの量が多く、たとえば保険証書や銀行の通帳や印鑑などを発見しにくいケースでも、当社スタッフはプロの腕で見つけて、ご家族にお渡しします。

当日に立ち会いが不可能でも構いません。

必ず発見してお手元にお渡しします。

当社の遺品整理は、迅速で確実です。

介護施設や社会福祉協会などからの依頼で何軒ものゴミ屋敷を片付けてきた実績があります。

当社は産業廃棄物の収集運搬の許認可業者であり、古物商許認可業者でもあります。

専門機器を使ってパソコンのデータ消去もしますし、機密情報や個人情報のシュレッダー裁断による処理などを行って、プライバシーの保護に努めています。

リサイクル業者として長年営業してきた実績があり、買取できるものはなるべく値段をつけて、当日の作業にかかる費用から差し引いて請求させていただいております。

そのため、他の遺品整理の業者に比較しても安価で請け負うことが可能です。

高齢者の方のお住まいのゴミ屋敷化はある意味で仕方のないことです。

ただ、ご家族・ご遺族の方からすると、近所の目もありますので気を使うところです。

東京や神奈川、埼玉でもゴミ屋敷に住んでいて、そのまま孤独死される方は数多くいらっしゃいます。

当社では、ご近所のご迷惑にならないよう細心の注意を払いながら作業をしています。

ご家族にクレームが行かないことは非常に大事なことと考えています。

年中無休で遺品整理・生前整理を承っています。

お困りの際はぜひご連絡ください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理