遺品整理とは

遺品整理とは

ご依頼のほとんどが、家財道具一式の処分

1位(90%) ・家財道具丸ごと一式のお片づけ。
2位(10%) ・運び出しが困難な家具・家電・粗大ごみのみのお片づけ。
3位(3%) ・仏壇のお引越しや、形見分けのお品の宅配依頼まですべて一式で。

お客様アンケートより(重複も含む)

ただし、中には、

  • 当日ご遺族が捨てるものと残すものを決めながらの作業
  • 仏壇の供養やお魂抜き(おみたまぬき)
  • ハウスクリーニングまで

のようなご依頼をいただけるお客様もいらっしゃいます。
遺品の整理の多くは、「通帳や貴重品の整理」と「形見分けのお品の選定」をご遺族様で行い、当社のような遺品整理業者へは、残った家財道具一式の「処分」もしくは「買取の依頼」のみをご依頼いただく場合がほとんどです。

ご依頼の理由

1位(90%) ・ごみの量が多すぎる、ご遺族の方だけで行える分量ではない。
・大型家具の持ち運びや処分が難しい。
2位(75%) ・公団やマンション・アパートの退去日が迫っている。
・持ち家でしたが、売却もしくは解体が決まっている。
・次月の賃料が発生するため、早く退去したい。
3位(20%) ・仕事が忙しく遠方に住んでおり何度も足を運べない。
・故人がお一人暮らしをされていたケースがとても多いです

お客様アンケートより(重複も含む)

その他、以下のようなケースも、しばしばございます。
趣味で物置にためていたお品の処分(同居されているご遺族からのご依頼)
病院への入院、介護施設、老人ホームへ入居するために
ゴミ屋敷(一人暮らしで軽い認知症になり、ゴミ捨てができず溜まったお部屋)
身寄りの無い方のアパート(不動産管理会社様もしくは大家様からの依頼)
夜逃げあとの家財道具一式の処分(不動産管理会社もしくは大家様からのご依頼)

ご遺族様ご自身で「処分」を行おうとすると

1位(75%) ・時間的に大変・物理的に無理・捨て方がわからない。
2位(70%) ・タンスや冷蔵庫など大型家具・家電の搬出が大変。
3位(25%) ・指定のゴミ収集場所に、一度に大量のゴミを出せない、ご近所の目が気になる。

お客様アンケートより(重複も含む)

遺品整理業者に求める事

1位(85%) ・できるだけ安くお願いしたい。買い取れるものがもしあれば買い取ってほしい。
2位(80%) ・きちんと仕事をし、きちんと処分して欲しい。
・ご近所の目などを気にされる方がおおいようです。
3位(60%) ・遺品なので粗末に扱わないで欲しい。
・「あとは全部ゴミなので」というお客様も多いのでこの数字です。

お客様アンケートより(重複も含む)

無料見積りのお申し込みはこちら
pageTop

フリーダイヤル0120-85-2060でもご相談、ご予約お待ちしております。

遺品整理トップに戻る

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理