秩父市の遺品整理情報、生前整理情報、ごみ処理情報をご紹介

秩父市の遺品整理・ごみ処理について

秩父市(ちちぶし)は、埼玉県内では最も面積が広い人口約6.4万人の市で、秩父多摩甲斐国立公園や埼玉県立の自然公園(武甲・西秩父)が、市域のほとんどを占めている地域です。

中央市街地は秩父盆地に位置し、周囲を秩父山地に囲まれているため、夏は暑くて冬は寒い内陸型の気候です。

夏の日中は猛暑日も多いが、夜は湿度が低くて過ごしやすいのですが、冬は冷え込みが厳しく氷点下5℃になることもあり、三十槌の氷柱の景色も有名です。

画像1

春は、清雲寺のしだれ桜は豪華絢爛ですし、羊山公園のシバザクラは広大な眺めで一見の価値があります。
秩父市は各所に見どころや観光の地があり、毎年12月3日に開催される秩父夜祭は「日本三大曳山祭」の一つです。

卒業ソングとしてメジャーになった「旅立ちの日に」は秩父市で生まれた歌で、2011年のアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で秩父橋が有名になりました。

お客様からの声

秩父神社の近くにお住いの○○さま

遺品整理は初めてのことで、何をどうしたら良いのか途方に暮れていたのですが、親切に対応して貰って助かりました。
祖父母から両親のものまで、ほとんど手つかず状態だったのですが、リフォームすることになりまとめて片付けることにしたのです。

意外にいろいろとでてきて、分類処分しながらも古い写真や、貴重品らしき箱などは確認してくれて、捨てる捨てないを決められたのが良かったです。

>

「あの花」で有名な秩父橋の近くにご実家のある××さま

一人暮らしだった母が急に亡くなり、実家がゴミ屋敷のようになっていることに気づきました。

様子がおかしい気はしていたのですが、異常な量の洗剤とか缶詰など、大量に買い込んだまま放置されていて、認知症が始まっていたのかもしれません。

突然の母の死だったのもあり、茫然としてしまって一人で片付ける気力もなく、実家かゴミ屋敷状態なのを直視したくなかったというのもありました。
まとめて処分して貰ったのですが、本当に数時間でキレイになり気持ちもホッとしました。

当日のスタッフの皆様も気持ちよく対応してくださって、ゴミが見る見るうちに無くなっていくのが気持ちいいくらいにスッキリしました。
ありがとうございました。

秩父市のごみ処理・遺品整理情報

秩父市では、家庭内からの粗大ごみは「専用ごみ袋に入らないサイズのもの」とされています。

粗大ごみは戸別の収集などは行っていませんので、「秩父クリーンセンター」「秩父環境衛生センター」へ自分で持ち込むか、民間の業者に依頼するかのどちらかになります。
詳しくは、組合業務課(0494-23-2489)へ問い合わせてください。

『可燃ごみ』
秩父クリーンセンター
秩父市栃谷1477番地
電話:0494-24-805

『不燃ごみ・資源ごみ』
秩父環境衛生センター
秩父市山田1100番地
電話:0494-23-8921

各施設で処理可能な取扱い分別が異なりますので、各施設に別々に持ち込むことになります。
ビンや缶、紙や布類などの資源ごみは、「秩父環境衛生センター」となります。

施設では以下のものは処理できませんので、専門業者または販売店に相談してください。
タイヤ、注射針(器)、農薬等の薬品類の容器、ペンキ等の塗料の容器、消火器、プロパンガス等のボンベ、自動車部品、自動車及びバイク用バッテリー、その他危険物など

参考元:秩父市役所

秩父市では、粗大ごみの戸別収集は行っていません。

引っ越しや家屋の片付けなど、多量のごみに関しての一括処理は分別や持ち込みも含め、自分で処理することは非常に困難です。
組合業務課(0494-23-2489)でも許可業者への依頼を紹介していたりしますし、専門業者にまとめて頼むことがおすすめです。

料金案内はこちら

遺品整理トップに戻る

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理