清瀬市の遺品整理情報、生前整理情報、ごみ処理情報をご紹介

清瀬で遺品整理やゴミ屋敷の片付けを自分でするには

突然親戚に不幸があり、心落ち着かない中の遺品整理。一生に何度もする事のないほどの大掃除に困惑してしまう方も多いと思います。ここでは清瀬市でそんなお悩みをお持ちの方向けに遺品整理で出る事の多い大型のゴミの処分方法についてご紹介したいと思います。遺品整理でなくともいつの間にかゴミ屋敷と化してしまった倉庫など大規模な掃除をされる方の力になれればと思います。

遺品整理

比較的小さなゴミは普段のゴミ出しと同じようにお近くの集積所に出す事ができます。清瀬市では小さなゴミは市指定のゴミ袋に入れて出します。燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、プラスチックで袋の種類が異なりますのでご注意ください。
また清瀬市では1辺が30cm以上のものは粗大ゴミ扱いになり収集場所に出す事ができません。以下に紹介する手順で処分する事が出来ます。

粗大ゴミとなる家具類を少しずつ捨てるには

清瀬市では粗大ゴミの有料回収を行っています。電話またはウェブから市に連絡して予約をします。収集日・時間の指定はできません。手順は以下のようになります。

①電話(042-493-3750)またはウェブから粗大ゴミの回収を申し込む
②当日までに粗大ゴミ処理券を販売店で購入する
③②でかったゴミ処理券に申し込み日と氏名を記載してゴミに貼る
④当日の朝8:30までに外から見える場所にゴミを出して回収してもらう。

自分でレンタカーを借りて処分する方法

清瀬市では最終処分場にゴミを直接持込むことも可能です。
この場合もあらかじめ電話などで申し込みが必要となります。

案内された料金分の粗大ゴミ処理券を持参の上
平日の午前9字から正午12時までにごみ減量推進課(東京都清瀬市下宿2-553)に持込みましょう。

運搬の際には自家用車では難しい場合も多い思われるので大型のバンなどをレンタカーで借りる必要が出てきます。

リサイクル家電の処分方法

清瀬市で処分することが出来ないリサイクル家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコン)は遺品整理やゴミ屋敷の片付けでは一番処分に困るものです。
これらのものはメーカーや小売店に依頼する、自分で指定の処分場に持っていく。リサイクル業者などに依頼して引き取ってもらうのが一般的です。
どの方法でも有料になってしまいますが冷蔵庫などは大型のものだとかなりの重量なるので無理に運ぼうとせず業者に依頼するのが得策だと思われます。

その他清瀬市では捨てられないもの

清瀬市では処分場の設備の関係で回収できないものがいくつかあります。ピアノ・金庫などの重量物や消火器やバッテリーなどの破砕が危険なものがこれにあたります。遺品整理などのゴミは普段扱わないものが多いので自分で判断せずに市のホームページで調べてみましょう。市で処分できないものは専門事業者に依頼しましょう。

料金案内はこちら

遺品整理トップに戻る

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理