我孫子市の遺品整理情報、生前整理情報、ごみ処理情報をご紹介

我孫子市の遺品整理・ごみ処理について

我孫子市(あびこし)は、利根川と手賀沼に挟まれ、茨城県との境に位置する千葉県北西部の都市です。

江戸時代には利根川の水運で栄え、水戸街道沿い安孫子宿があり、現代ではJR常磐線と成田線、国道6号と国道356号が分岐している交通のかなめとして、地の利の高い地域です。

画像1

我孫子市には関東でも有数の野鳥の飛来地である手賀沼もあり、山階鳥類研究所という特別な研究機関や鳥類関連の専門的な研究展示施設である「我孫子市鳥の博物館」などがあり、熱心で積極的な鳥類の研究、啓蒙等が行われています。

我孫子市は、明治後期から大正にかけ作家や著名な文化人たちが集う人気の高い別荘地で、志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦など白樺派の拠点となっていました。

「白樺文学館」は、2000年(平成12年)に建設された白樺派の作品を集めた文学館です。

「我孫子(あびこ)」は難読地名のひとつで、現JRの国鉄時代に採用試験の問題に採用されたこともあります。

お客様からの声

白樺文学館の近くにお住いの○○さま

父が認知症で介護施設に入りましたので、残った荷物の片付けを依頼しました。

自分でやっていたら何日もかかるような量でしたが、大勢で来ていただき2〜3時間で一気に片付いたのは驚きました。

スタッフの人たちの手際がよく、大きな家具もチームワークで手早く運び出していて、若い人も熱心に働いていたのが印象的でした。

我孫子市鳥の博物館のちかくにお住いの××さま

母の遺品を捨ててしまうのは気が咎めていたのですが、リサイクルされるというので思い切ってお願いしました。

ゴミのようなものまで、ダンボールやケースにキチンと詰めていて、本当に再利用されるんだなと、ゴミにならないと思うと嬉しく思いました。

誰かの役に立ってエコなのだと、なにかホッとして温かい気持ちになりました。

我孫子市のごみ処理・遺品整理情報

我孫子市では市内の住居者に対して、家庭内からの粗大ごみは「市が指定しているもの・資源にならない一辺の長さが1mを超えているもの、家具、寝具、電気製品などの大型ごみ」を有料回収しています。

事前に、粗大ごみ受付専用ダイヤルへ電話などでの申し込みが必要です。

■粗大ごみ受付専用ダイヤル
電話:04-7181-5374
受付時間:月~金曜日 午前8時30分~午後5時

粗大ごみ1点700円で、1日の収集点数の制限はありません。
必要な「粗大ごみ処理券」を購入し、指示や指定に従って出してください。

テレビ、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷凍庫・冷蔵庫については、家電リサイクル法対象品目であるため、粗大ごみとしての処理はできません。

パソコンについては、現在メーカーでリサイクルを行っております。

自宅からの搬出や搬入も全て自分で行い、粗大ごみとして施設へ持ち込み処理をすることも可能です。

我孫子市に在住の方のみで、受付の際に住所の確認がありますので、住所のわかるもの(免許証等)を持参する必要があります。

■持込みの場所
我孫子市クリーンセンター 千葉県我孫子市中峠2264
受付:月曜日~金曜日 8時30分~11時40分 、13時~16時
電話:04-7187-0015

クリーンセンターに搬入する場合は、点数制限はありませんが、10キログラムごとに157円かかります。

積み下ろしの際は、集積所に出す時と同じ分別して処理してください。

我孫子市の粗大ごみに関するお問合せ
我孫子市役所(04-7185-1111)
または 環境経済部クリーンセンター(04-7187-0015)まで
参考元:我孫子市役所

我孫子市に住所地のある本人が、施設へ直接持ち込む必要がありますので、ご実家の片付けや遺品整理などを親族が行う場合は、やはり専門業者に依頼することが一番おすすめです。

料金案内はこちら

遺品整理トップに戻る

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理