埼玉県川島町の遺品整理情報、生前整理情報、ごみ処理情報をご紹介

川島町の遺品整理・ごみ処理について

川島町(かわじままち)は、埼玉県中部の比企郡に属する人口約2万3千人の町です。

荒川や荒川系河川の流域でメイン産業は農業で田園風景が広がるのどかな町ですが、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジが開通したことにより、交通の要所となりつつあります。

川島町には埼玉県中央防災基地や埼玉県防災航空センターの所在地でもあり、埼玉県の防災拠点ともなっています。

画像1

町の中央にある平成の森公園には、日本一の長さのバラのトンネルがあり、花の時期には観光客の目を楽しませています。
川島町の「すったて(冷汁うどんの別称)」は、地域の伝承料理であり、町おこしの観光資源として「かわじま呉汁」と共に売り出し中です。

お客様の声

川島町の白鳥飛来地である越辺川近くにご実家のある○○さま

両親が亡くなり空き家になってしまった実家の整理をすることになりました。

姉妹で少しずつ処分していたのですが、一戸建ての荷物はなかなか大変で粗大ごみのような大物が残ってしまい、家具類はどうしても処分費用も嵩むので、それなら業者さんにお願いしようということになりました。

本当にあれよあれよという間に家の中が空っぽになったのは驚くというか、ちょっと呆気にとられるくらいでした。
あんなに苦労したのにと、最初からお願いしておけばよかったのかもしれませんね。

なんだか重い肩の荷が下りたような気がしています。

川島町の軽飛行機用ホンダエアポート近くにお住いの××さま

趣味人の祖父や父が遺した蔵の中の骨董品を古美術商に引き取ってもらったのですが、古道具というか、価値のないガラクタもたくさんあり処分に困って、他の遺品類と共にお願いしました。

ゴミのようにしか見えないモノも、分別して整理しながら袋詰めされていて、リサイクルするというのは本当なんだなと感じました。
骨董的な価値は無くても、どこかで誰かが活用してくれると思うと妙に暖かい気持ちになりました。

川島町のごみ処理・遺品整理情報

川島町では町内の住居者に対して、家庭内からの粗大ごみは「1辺が50cm以上、または重さが10kg以上」を有料回収しています。

粗大ごみは、材質や大きさ、形状、重さなどによって収集料金が異なっていますので、直接問い合わせてください。
収集運搬と処理費用の徴収は、委託の収集業者が担当しています。

■川島町 環境センター
TEL:049-297-5666
※1〜15日の受付で、第4週の水曜日収集となります。

■町民生活課
TEL:049-299-1755
※16〜末日の受付で、翌月第2週の水曜日収集となります。

自分で、トラックなどで環境センターに持ち込んで処理することも可能です。
機械の故障の原因にもなりますので、搬入のさいには「ごみの分け方、出し方」の分別区分を徹底することになっています。

環境センターで処理できない処理困難ごみとして、農薬・農薬のびん、注射器・注射針、薬品・毒物・劇物、消火器、ガスボンベ、ガソリン・オイル、ペンキ、火薬類、土砂、建設廃材、コンクリート、屋根瓦、金庫、農業用廃ビニール、稲の苗箱、ピアノ、焼却灰、家電四品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)、その他

処理困難ごみは、購入店に引き取ってもらうか、専門業者に処理を依頼することになっています。

■・持ち込み先
・川島町 環境センター
TEL:049-297-5666

・受付時間
月曜日~金曜日 午前9時~11時30分 午後1時~4時
第1・3・5土曜日 午前9時~11時30分
休日は、日曜、祝祭日、第2・4土曜日、年末年始

■手数料
1日の搬入ごみ重量が80kg以下の場合は、無料
1日の搬入ごみ重量が80kgを超える場合は、超過分に対して10kgあたり40円
※ごみの計量は10㎏単位としており、10㎏未満の端数があるときは四捨五入となります。

参考元:川島町役場

川島町では、粗大ごみの戸別収集は、収集日がかなり限られていますし、机が700円・タンスが1000円・ソファー1000円など、意外に費用が嵩みます。

トラックなどでセンターへ持ち込み処理すれば、少しリーズナブルですが分別の徹底が必要で、多量の場合はかなり大変な作業となりますので、遺品整理や家屋の片付けなどは、専門業者に見積もり依頼してみることがおすすめです。

料金案内はこちら

遺品整理トップに戻る

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理