加須市の遺品整理情報、生前整理情報、ごみ処理情報をご紹介

加須市の遺品整理・ごみ処理について

加須市(かぞし)は、埼玉県の北東部に位置する東京通勤圏の市で、こいのぼりの生産数が日本一です。

水の郷百選にも選ばれている「浮野の里」は、武蔵野の田園風景を思い起こさせます。
多くの用水路や湖沼がある水の豊かな土地柄から、加須(かぞ)の地名は利根川本流の「河洲(かす)」とする説もあります。

画像1

手描きこいのぼりの生産地として有名で、毎年5月3日の市民平和祭にて行われるジャンボこいのぼり遊泳は見応えもあり大人気です。

古くから家庭でも作られていた加須の手打ちうどん「加須うどん」には市としても力を入れていて、6月25日は加須市うどんの日として制定されています。
加須市の名産・特産品として「五家宝」「いがまんじゅう」「塩あんびん」などもあります。

お客様の声

加須市のおおとね童謡のふる里室の近くにお住いの○○さま

母が亡くなり、母の持ち物や家具など遺品整理をお願いしました。
少し急いでいたのですが、迅速に対応していただいて、当日も思ったよりスムーズに全て運び出していただけて助かりました。

スタッフの若い人たちも挨拶が気持ちよく、テキパキされていて感じが良かったです。お世話になりました。

不動ヶ岡不動尊・總願寺の近くにご実家のある××さま

父が癌で亡くなって、とにかく気分が落ち込んで塞いでいましたら、遺品整理をすると気分が変わると友人が教えてくれました。
確かに友人の言った通りで、少しずつ片付けていると気持ちも落ち着いてきたので、思い切って処分することにしました。

大きな家具から書籍、細かい持ち物まで、きっちりと整理して処分していただくと、スッキリした気分になりました。
遺品を片づけることで、父の死を少しずつ受け入れることが出来たのかもしれません。

加須市のごみ処理・遺品整理情報

加須市では市内の住居者に対して、家庭内からの粗大ごみは「市の指定する大きさの袋 (45ℓ) に入らない大きなもの」を有料回収しています。
粗大ごみは、定額制(1品500円)で戸別収集しています。

■申し込み先
加須クリーンセンター
電話:0480-61-3671

申し込み時に、収集日(毎週水曜日)と手数料の決定、手数料の支払い方法の確認があります。
《事前納付の場合》
・事前に市役所・総合支所・クリーンセンターに手数料を納付
・納入済シールを受領
・粗大ごみに受付番号を記入したシールを張り付け
・収集業者が収集(不在でも収集可能)

収集日に玄関前に出しておく、集合住宅などで2階以上にお住まいの場合は、管理者に相談の上で1階の分かりやすい場所に出しておく。

粗大ごみとは、家具類(机、テーブル、イス、タンスなど)、電化製品(電子レンジ、ステレオ、扇風機、ストーブなど)、乗物(自転車、三輪車、一輪車、ベビーカーなど)、その他(じゅうたん、ホットカーペット、ふとん、スキー板など)

加須市では、粗大ごみや引っ越しなどで一時期に大量にでるごみは、は自分で地域別のクリーンセンターに直接搬入することもできます。

加須地域・騎西地域にお住まいの方は「加須クリーンセンター」、北川辺地域・大利根地域にお住まいの方は「大利根クリーンセンター」で、10kgあたり130円の処理手数料が必要です。

搬入のさいには、免許証など、住所地や身分を証明できるものを確認する場合もあります。

■加須クリーンセンター
加須市馬内1790
TEL:0480-61-3671
FAX:0480-62-1169

■大利根クリーンセンター
加須市北大桑1870
TEL:0480-72-4692
FAX:0480-72-4096

加須市では、引越しなどで一時に多量にでるごみは、クリーンセンターへ直接搬入するか、一般廃棄物収集運搬業許可業者へ依頼して欲しいとされています。
詳細は、下記へお問い合わせください。

■お問い合わせ先
環境安全部 資源リサイクル課
加須市下三俣290番地
0480-62-1111
参考元:加須市役所

加須市では多量のごみは専門業者に依頼するように推奨されており、トラックで持ち込み処理をした場合も手間と費用が嵩みます。
遺品整理や家屋の片付けなどは、一気にまとめて処理できる専門業者に見積もり依頼してみることがおすすめです。

料金案内はこちら

遺品整理トップに戻る

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島の、心を込めた遺品整理